ジャイロ(GYRO)で遊んじゃ色。々。~セイ生活~

HONDAのジャイロXをミニカー登録してみたり、軽二輪登録(トライク登録)してみたり。メインで乗ってた以外のバイクネタも色々と。

移行ブログ情報

タグ:江ノ島

其の一の続き



鶴岡八幡宮を後にして、若宮大路をテクテクと歩いて今度は大巧寺へ。

安産祈願


大巧寺


本尊が安産の神様とされる産女霊神(うぶすめれいじん)でおんめ様と呼ばれる、安産で有名なお寺ですよ。

今回初めて行ったけど、紫陽花やら蓮の花やら、季節の花が各所に咲いてる趣があってなかなか良いお寺。

紫陽花



続きを読む

サイド出しSUキャブを装着した翌日、平日江ノ島ツーへ。

SlowRiderのメンバーがやってきたで、近所を数キロ程度だけど試走してて全く問題を感じなかったので油断してセッティング前にツーリングへ出かけてしまい、それが仇となってしまいました・・・(-Д-)





月曜日・AM9:00 甲州街道&井の頭通りの交差点へ集合



突発なツーだったので、DS250乗りのみーさんとセイのみ。

集合場所へは、CBR1000RR乗りのSlowRiderの☆ヒロさんがベンツで出迎えにやってきてくれました。平日のこの時間に仕事もせずにベンツって・・・( ゚Д゚)ヤクザダナ



突発なランだったので、集合場所に誰か突発的にやってこないかなーと待つも、さすがに誰も来ず、



甲州街道



環八



246



467



江ノ島



といったルートで江ノ島へ向けて出発。



平日と思い油断してたら、環八が東名や第三京浜辺りまで渋滞(-Д-)

軽くすり抜けつつ、246へ右折。246はスカスカに空いており、見事な秋晴れ。



雪化粧の富士山の山頂が見える位晴れていて、走ってて気持ちがいい(・∀・)



・・・でも、STEEDの様子が若干おかしい(;´Д`)

プスンプスンとバックファイヤーの様な状態になりだして、



『セッティングをしてないし、OHもしてないからかなー(・ε・)』



程度に軽く思い、STEEDを走らせてるとあざみ野と荏田辺りでSTEEDから『ボフッ』と妙な音がしてエンジンがSTOP。



ウインカーを出して路肩にSTEEDを止めて調べてみると、キャブのマニホールドがエンジンから外れてる( ゚Д゚)ナンデストー



路肩でタンクを外したりしつつ、マニホールドを留めるバンドを緩めて再度付け直す。

セルを回すと問題無くエンジンがかかったので、再出発(・ε・)ウホーイ





・・・ボフッ



アクセルを回すとその反動でキャブがエンジンから外れてしまう(-Д-)



マニホールドを留めるバンドが弱いのかなー?と思いつつ、マニホールドとタンク下のフレームの間に詰めモノを入れてマニホールドが外れ無い様に試みるけど、アクセルを回すと「ボフッ」と外れる( ・ω・)



DSにタンデムし、近所の駅まで行って百均で足りなかった工具やらワイヤーやらを購入してきて、再度修理を試みようとするもキャブ側からもボフッと音がして白煙を上げたので、これはここで直して走ってもエンジンがダメになっちゃいそうだなーと、STEEDを近くの日本綜合地所の【GRAND CITY MANSION GALLERY】の駐車場へ許可を貰い置かせて貰う。

近くの良く判らない会社では「歩道に置いておけば大丈夫だよ」と冷たくあしらわれたのに、日本綜合地所の方は快く駐車スペースを貸してくれた(・∀・) 皆さん、マンション買うならここがいいよw



そして、STEEDを安全な場所へ置く事が出来たので、

【平日江ノ島ツー】を【平日江ノ島タンデムツー】に切り替えて再出発(・ε・)





よくよく考えるとタンデムでツーは初。後ろに乗せる事はあっても、後ろに乗ってツーとはなかなか貴重。

しかも、最近やっと2人乗りが法的にOKになったばかりのSlowなRiderの後ろ( ゚Д゚)



多少心配もあったものの、運転は荒くないし快適♪








続きを読む

ブログ作成中に、エラーで書いてたものが消えてしまったので書いてるのは二度目デス(-_-;)シンドイ



それでも、途中でマメに保存しながら書いてる自分の周到さに感心(・∀・)



話は戻して、昨日7/15に箱根ターンパイクに行って来ました。



AM11:00 東名高速・海老名PAで待ち合わせ。



暑い。暑い。暑い。暑い。暑い。



茹だる様な暑さ。



夜勤明けCBR1000RRのH君と待ち合わせ。夜勤明けなのに元気。それよりも、スティードとCBR1000RRの組み合わせってどうなんだろ?



ターンパイクをサッカーに例えたら、『モテルためにサッカーやってまーす』がスティードだとしたら、CBR1000RRなんてワールドカップクラス。



まぁ、そこはなんとかCBRがスピードとパワーを抑えて走ってくれて、東名高速→小田原厚木道路を経て箱根ターンパイクへ。




続きを読む

↑このページのトップヘ