ジャイロ(GYRO)で遊んじゃ色。々。~セイ生活~

HONDAのジャイロXをミニカー登録してみたり、軽二輪登録(トライク登録)してみたり。メインで乗ってた以外のバイクネタも色々と。

移行ブログ情報

カテゴリ: 温泉旅行・温泉ツー

去年の夏休みに回ってきた東北六県の旅

今年は西の方を適当に回ろうと思って連休を取ったのに、夏休み前までツーリングだらけ&夏休みに合わせたかの様に母親が上京。夏休み4日目にして出発ですよ。



ツーリングだらけだったし、今年は彼女の車でゆっくり温泉でも回ってやろうかと思ってたら、車が急遽ダメになり今年もスティードで夏休み(*´Д`)



初日に目指すは川原湯温泉



<ダムに沈む幻の温泉郷>

八ツ場ダムの建設により数年後には、温泉街ごとダムの底に沈んでしまう運命にあります。古き良き、温泉の風情が今もそのまま残っている川原湯温泉です。



そんな、いづれは幻になってしまう温泉なのでいつかは行こうと思ってた温泉ですよ。生憎、八ツ場ダムの建設が訴訟やら何やらで何十年も進まない状況だから、いつ幻になってしまうかは解らないけど・・・





去年は一人旅だったけど、今年は彼女も一緒(*´Д`)ウハハ

関越自動車道をタンデムでブロンブロン走る。早朝に起きて整備した甲斐があって、低速の息つぎもなく快適。



『これなら何千キロ走っても大丈夫だなヽ(ヽ・∀・)』



と思わせる位に快調。



でも、6リッターしかガソリンが入らないプリズミックタンクだからSA毎に給油をしないとガス欠しちゃう恐れがあるから、かなりゆったりとしたツーリングなんだよね。



まずは高坂SAで休憩。



『ガス欠になるかも・・・』



といいつつ、50km毎にあるSAに寄るのはガス欠を気遣ったふりをしつつ、実はタンデムで後ろに乗ってる彼女を気遣ってる事をここで白状してみよう(*・∀・*)ヤサシイナ、オイ。



たぶん高速走行ならリッターで25キロは走るから、SA毎に停まらなくてもいいんだけどね。

休憩中に食べたたこ焼き( ・ω・)ウマイ

たこ焼き


お腹が空いてたから、早めの昼食にしようと思ったのにトイレにいってる間にたこ焼きを購入してやがったので、おやつ代わりですよ。

まったりと休憩してから、給油して出発。





50キロもはしらないうちに上里SAで昼食(・∀・)



うどんでお腹を満たして、ガソリンでSTEEDのお腹も満たしたら、藤岡Jctから上信越自動車道へ。関越を伊香保経由で向かうのがベターなんだろうけど、伊香保からの道は何回か走った事があったから面白みに欠けるので、今回は松井田妙義経由を選択。

松井田妙義


関越よりもスカスカに空いてる上信越自動車道をひた走ると、松井田妙義。

ここからは高速を降りて下道。




続きを読む

老神温泉タンデムツー-其の壱-



呑んだくれて寝落ちした翌日は、早朝に目が覚めたので露天風呂へ朝風呂。

露天風呂


露天風呂2


朝が早すぎて誰も居ないかと思いきや、更に早起きな爺さんが居たけど爺さんが出てからは一人で貸切(*・∀・*)

いや~、朝から露店風呂いいね♪






続きを読む

週末は、彼女と阿佐ヶ谷で待ち合わせ(・ε・)

阿佐ヶ谷


東方見聞録でランチをしてから、出発♪



青梅街道



環八



関越自動車道



とスティードを快適に走らせる。



5/26-5/27と苗場でKickBack Meetingが開催されるので、それを目指して走るつもりで関越を北上。



旅の予定を立てるなら高速道路料金検索が結構便利。



セイのSTEEDのタンクはプリズミックタンクで、容量が6リッターしか無いので100Kmを目処に給油が必要。

高坂サービスエリア


高速道路は50Kmおきには必ず給油ポイントが在るみたいなんだけど、100Kmしか走らないので、高速の給油ポイントを発見したら必ず給油をしなきゃガス欠の恐れが出てくる訳ですよ( ・ω・)




続きを読む

鬼怒川温泉旅行-其の弐-の続き



日塩もみじライン←ニッシオモミジライン? なんて読むんだろ??



若干紅葉が始まってるもみじラインを走ってると、またしても滝を発見。

日塩もみじライン峠の茶屋


白滝


白滝といった、小さめの滝。峠の茶屋では、串こんにゃくなんかが売ってたけど、おでんのシラタキを売ってればもっと色々な人が購入するのになー(・へ・)と思いつつ休憩。

ここもマイナスイオン出捲くり。






続きを読む

鬼怒川温泉旅行-其の壱-の続き



未だ東武ワールドスクウェア(・∀・)

何気に楽しい。

スロライ君を連れてきたかった(^v^)



ミラノ大聖堂

ミラノ大聖堂


アーナンダ寺院

アーナンダ寺院





続きを読む

↑このページのトップヘ