ジャイロ(GYRO)で遊んじゃ色。々。~セイ生活~

HONDAのジャイロXをミニカー登録してみたり、軽二輪登録(トライク登録)してみたり。メインで乗ってた以外のバイクネタも色々と。

移行ブログ情報

2008年04月

STEEDのブレーキキャリパーのボルトが舐めてしまったので、スルーしようかなーと思ってた、SlowRiderのM嬢のブレーキの不調の件。



でも、5月の1日にツーリングが入ってるし、ブレーキが効かなかったら危ないな~と手伝って来ましたよ。

ブレーキキャリパー




二次会で飲んできたから、バイク移動は無理。深夜だけど、来やがれ(・∀・)』



と、女の子を深夜に呼び出し、ファミレスで密会。




続きを読む

「明日月島もんじゃツーでどうでしょ?」



なんてメールがSlowRiderのsyo氏から入っておりました。

それが、土曜日の20時近く。



その時間帯は、他のSlowRiderの面々と面白可笑しく呑んでる真っ最中。



『返事は(終電で)帰ってから返せばいいな(・∀・)』



と思い、返事を後回しで呑み。

そんな、飲みの席の話はまた後程・・・



徹夜で仕事の後、軽く呑んで寝ずにマリオカート。

一睡もしないまま、前出のSlowRiderの呑み。



気付いたら4次会位まで突入し、朝帰り。





直ぐ2時間後位には、「モーニングを食べよう」的な集まりがあるので起きていようかと思ったけど、どんよりと曇り空。



『モーニングは中止かな~・・・』



と、集中力が途切れたら寝落ちzzz




続きを読む

DRAGON WAVE 2000 9thへSlowRiderで行って来ました。



『テントって余ってます?』

『ちなみに持ち物はどんな感じですか?』

『ってか、車参加はNGなんですか?』

『ん~どうしよう。どっちでもOKだから更に迷ってる感じなんです』

『やっぱりバイクで行こうかな』



等と、仕事中に姫歌の相談メールを受けつつも、仕事をしつつテキパキ回答。

気付いたら帰れずに朝まで仕事。



夜中の電話で、



『やっぱり車で行くので、朝にセイさん家まで荷物を積みに行きますね~』



と、ヘナヘナな軟弱加減を全快に姫歌がやって参りました。





車で行くならと、キャンプ用のイスを1脚多めに積んでみた。

荷物を積んでる最中に、



『クーラーボックスとかないんですかー?』



と。



そーいや、何故かクーラーボックスも有るんだよな~とバイクで運ぶのは無理なサイズの大きなクーラーボックスを出してきて、



セ:『これ、いくらなんでも大きすぎないか?』



姫:『大丈夫ですよー。これの2/3位は、まいさんが飲むから(*゚∀゚)』



と、無茶な事をいう姫歌の言い分を聞きクーラーボックスも車に積載。





本来の集合場所は道の駅 八王子滝山だったけど、中央自動車道調布IC近くのファミマで近場な面々で集合する事になってたので、姫歌を先頭に裏道を快適に走りファミマへ。



ファミマの駐車場には、STEEDのおにぎり型のエアクリを明後日の方向を見ながら



( ´∀`)σ プニプニ



と不思議な事をしてる、変な緑色の蛙君を発見。

カエル君STEEDと


自宅からファミマまでの移動時間を見誤って、1時間も前に到着してたらしい。



『やっときましたね~ヽ( ´∀`)ノ ワーイ』



と、きっかりと集合時間に到着したのに何故か遅れてきた人を待ってた様な目をしてやがる。





そんなこんなしてると、集合時間の10時50分。



ドドドドーッ

ブロロローッ



と、凶暴な音のハーレーが来ない。

早朝まで起きてたっぽいので、



『間違いなく寝てるよ~(・ε・)』



と、その場に居た3人でこれからここで1時間は待つ事になる事を覚悟。

電話をしても出ないしね。



コーヒーを飲んだりしつつ連絡が来るのを待ってたら、チョットだけ遅れてまい嬢が登場。



『よーし出発するか~』



なんて、皆が出発する気満々な所で珈琲を飲みだした。



・・・さすが、SlowRider。恐るべし。





第二出口とか第一出口とかがある八王子ICに惑わされながらも、本来の集合場所道の駅八王子へ10分遅れで到着。



ここでは、秩父まで先導をしてくれる事になってるビラーゴ乗りのオスミョさんや金欠の為見送りだけなsyoが登場。更に、syoの友達も現れる。



更に、初めて会うとっしー★さんと愉快な仲間達も居るではないか。



遅れて到着&即出発になってしまったので、挨拶もそこそこに誰が誰か判らないままに、走る。

走行中


そんなチョットしたマスツーの1コマ。






続きを読む

↑このページのトップヘ