ジャイロ(GYRO)で遊んじゃ色。々。~セイ生活~

HONDAのジャイロXをミニカー登録してみたり、軽二輪登録(トライク登録)してみたり。メインで乗ってた以外のバイクネタも色々と。

移行ブログ情報

2005年03月

行ってきました、東陽町。夜勤明けのダルい身ながらも、東陽町へ。駐輪場があるのに気付かず、STEEDを路駐してから窓口へ。更新の葉書と免許を見せたら『この用紙に記入して、○番窓口にならんでください』と事務的に対応され、○番窓口へ。

○番窓口では何の説明もなしに、3950円の収入印紙を買わされ印紙を用紙の裏に貼りつけました。

視力検査に並んで待つこと数分、検査は数秒(・д・)早っ!! 流れ作業でどんどん進み、気付いたら穴の開いた免許証と受け付け用紙の切れ端をもち二階の講習教室へ(・д・)。

・・!?もしかして、さっきの写真は免許に使われる写真!? そう、流れ作業中に写真らしきものを撮られた。あれはまさしく免許用だったみたい・・。フルフェイスを被ってきて、鏡なんか一度も見ずに気付いたら講習だよ( -_-) 『きっとスゲー写真になってるよ』と欝になりつつ、講習を受ける。

丁度最後の一人だったみたいで、一つしか空いてないおっさんとおっさんの間の席に着くか着かないかのうちに講習開始。

すでに眠いってのに、いきなりビデオ上映。見ようとしたら、前の方に座ってるオヤジの後頭部が邪魔で見えない(`з´) おぃおぃ、テレビをもっと高い位置に置けよ~なんて思いながら、眠りにつきました(笑)

気付くとビデオも終盤。もうすぐ休憩。鼻が詰まってるのか、もともとそーゆー声なのか、非常に聞き取りづらいおばさん教官(←金とってるんだから、ハキハキ話してほしい・・)の話を右から左へ流すように聞き、この講習の意味を己の中に問う。眠いからか、思考能力が薄れ、問うた答えも出ぬまま休憩へ。

講習中に手をあげて『お腹が痛い』といって、長い時間講習をさぼっても講習を受けたことになるかな~? あんまり長いとわざとらしいし、再度受けさせられちゃうし、ギリギリの境界線はどの辺りなんだろー?と、無意味な事を考えながら、目線は前のハゲ頭のオヤジのデコと頭の境界線を探し、またまた眠りに落ちる・・。

座りながら寝れる技術はなかなかだな(・д・)と自分に関心して、講習終了をまつ。二時間の間、現実の世界には数分しかいなかったであろうカラダは、来たときより体力が回復しており、スタンプを押してもらい四階へ駆け上がりました。←まぁ、エスカレーターでだらだらと登ったんだけど(・з・)ウヘッ

4階につくと長蛇の列。さっきまで一緒に講習を受けてた連中だ(・д・) 教室内では『うぜー、教習うぜー』みたいな顔をしたヤンキーあがりみたいなスウェット姿の兄ちゃんが、明らかに猛ダッシュしてきたんだろう、最前列にいました(笑) 一旦列が動きだすと、さすが役所。淡々と免許を渡す作業をこなしてました。



実りのない講習でしたが、ただ一つわかったのは、あの二時間の講習は免許が出来るまでの時間潰しだったって事。あ~、今も眠い。




東京はあんまり雪が降らないから、年中バイクに乗ってられます。東北や北海道だとなかなか年中乗ってる訳にもいかないだろうけど・・・。今日雪が降るのは天気予報でもみてたけど、朝新宿から無謀にもSTEEDで家まで向かいました(・з・) しかも2ケツで。甲州街道は整備がされてるから、何気に快適に走れたけど井の頭通りは除雪されてなくて恐怖を感じました(・д・)ガクガク あとは右折しちゃえば家って所までいって、ウインカーをだして停車して、いざ右折したら後ろタイヤがスピン(`з´)ウオッ!! みごとに滑ってコケちゃいました(笑) 対向車なんかもいなかったからよかったものの、『雪の日はバイクは危険』を身に染みて感じました(・з・) そーいや年末も雪で滑って転んだな~。

↑このページのトップヘ