週末は、彼女と阿佐ヶ谷で待ち合わせ(・ε・)

阿佐ヶ谷


東方見聞録でランチをしてから、出発♪



青梅街道



環八



関越自動車道



とスティードを快適に走らせる。



5/26-5/27と苗場でKickBack Meetingが開催されるので、それを目指して走るつもりで関越を北上。



旅の予定を立てるなら高速道路料金検索が結構便利。



セイのSTEEDのタンクはプリズミックタンクで、容量が6リッターしか無いので100Kmを目処に給油が必要。

高坂サービスエリア


高速道路は50Kmおきには必ず給油ポイントが在るみたいなんだけど、100Kmしか走らないので、高速の給油ポイントを発見したら必ず給油をしなきゃガス欠の恐れが出てくる訳ですよ( ・ω・)




そんな訳で、SAに寄り捲くりながらのSlowなタンデムツー。



停まる先々で見かけたキックバックを目的地としてるバイクバイクバイク。

キックバックへ行くバイク


SAで売ってた、焼きたてのメロンパンとコーヒーで休憩(*´Д`)ウマイ

メロンパン


抹茶ソフト

抹茶ソフト


割っても緑色♪

割ったメロンパン


天気も良くSTEEDを快適に走らせ、苗場へ行く月夜野ICではなく沼田ICで高速を降りる。



高速を降りたら日光方面へ120号を走らせると・・・

老神温泉看板


老神温泉郷が(*・∀・*)



・・・そう。キックバックへ行くつもりが、テントの不在(元々自分のじゃないから、稀にいなくなる・・・)もあってキャンプではなく温泉旅行に急遽切り替えた訳ですよ。

またしても前日予約(*´Д`)

計画性ゼロw



老神温泉マメ知識

【おいがみ温泉はその昔、金精峠の戦場ヶ原におき、赤城山のへびの神と、日光男体山のむかでの神が戦った折、初戦で傷ついたへびの神は、赤城山へ向かう途中、おいがみの地で矢を地に突き立てたところ、その矢の根元より湯が吹き出したと言われています。そこでへびの神はその湯につかり、傷を癒し再戦にのぞみ、むかでの神を戒めたと言い伝えられています。

今日のおいがみと言う地名も、初戦でむかでの神に追われ、“追われる神”となり、再戦において勝利を得たへびの神が、その地で神命をその湯に残し、神が老いたというところから「老神温泉」という名前になったということです。】



そんな老神温泉を選んだのも、なんとなく方向がキックバック方面だし行った事が無い温泉郷だって事でノリで選んじゃった訳ですよ。

タンデムで行くのにも丁度良さそうな距離だったしね。



そんな訳で今回の宿は老神温泉 朝日ホテル。比較的大きな宿で、畳敷きの温泉があるらしいではないか(・∀・) そんな畳敷きに惹かれて、ネットでポチポチっとクリックで予約しちゃった訳ですよ。

いや~ネットって便利だね。



阿佐ヶ谷でランチをしてたのに、3時間半程度で着く場所だったので夕方にはチェックイン。



部屋からは川を眺められて、なかなかな絶景( ・ω・)フム

宿からの景色


部屋

部屋


お茶なんかを煎れてもらいつつ、まったりしてから早速温泉へヽ(ヽ・∀・)

ゆ


残念ながら、貸切の湯はなかったので一人温泉。

畳敷きの湯


誰も居ない隙に激写。畳敷きの大浴場。



バイクで走ってきた疲れを、温泉で癒されながら、ミストサウナやら普通のサウナで汗を流して温泉を満喫。

バイク×温泉っていい組み合わせだよね。

バイク×キャンプも良かったけどね。



温泉からあがってからは、早めの夕食( ・ω・)

煮凝り

煮凝り


名前を忘れたけど、透明なヤツw

透明なヤツ


天麩羅

天麩羅


セイの嫌いなナマモノ(-Д-)

刺身


釜炊きの御飯

釜炊き御飯


煮物

煮物


シチューの様な味がする、洋風の鍋。

洋風鍋


鱧の玉子とじ

鱧の玉子とじ


デザート

デザート


仲居さんが次々に料理を運んできてくれて、生ビールと一緒にSlowに夕食。

夕食


適度に酔いが回る程度にお酒を呑んで、お土産が売ってそうなロビーを見て回ってから部屋。

ロビーのシャンデリア


部屋に戻ってからは、購入した梅酒やらビールで晩酌。

梅酒


川の流れや虫の音を聞きながらの晩酌も乙でいいよ(・∀・)

夜の景色


ビール


仙台の温泉が出るって事で、土曜サスペンス劇場を見ながらさらに晩酌(・ε・)ププッ



サスペンスに見入ってしまった彼女に饅頭を乗せてみた図。

饅頭を乗せた彼女


そんな訳で、部屋にあった饅頭も酒の肴。

饅頭


そんな訳で、飲みすぎて寝落ちzzz



其の弐へ続く