其の一の続き



鶴岡八幡宮を後にして、若宮大路をテクテクと歩いて今度は大巧寺へ。

安産祈願


大巧寺


本尊が安産の神様とされる産女霊神(うぶすめれいじん)でおんめ様と呼ばれる、安産で有名なお寺ですよ。

今回初めて行ったけど、紫陽花やら蓮の花やら、季節の花が各所に咲いてる趣があってなかなか良いお寺。

紫陽花



嫁はさすがに身籠ってるので、タンデムなんかではこなかったので、Dトラ乗りのM君が安産祈願の受付やら何やらを済ませて、無事に終了。

安産祈願待ち


その間、歩きつかれて、煙草を吸ったりと待ってるバイク乗り。



安産祈願ツーと言いつつも、本人に知れてしまったら有り難さの押し付けみたいなので、大巧寺に着くまでただの鎌倉観光ツーって事にしてたけど、本日の主役が来て良かった(・∀・)

彼はソロで走ったり、適当にノリでツーリングに出かけたりはするけど、皆で纏まってツーリングへ出かけるってイメージが薄かったからねー。

晴れたのもそうだけど、彼がきちんと来たのが良かった(*´Д`)



兄貴分なT氏が

『お前、鎌倉観光ツーにこなかったら、どうなるかわかってんだろーなー( ゚Д゚)オゥオゥ』

とでも脅してたのかな?( ・ω・)ムフフ



大巧寺で、ひとまずは本日の大きな目的が終了したので、幹事が他の用事を済ませる間に、鎌倉観光な自由時間。十数人もいるから、それぞれの為に自由時間を取ってくれて、人数分のコピーしてきた地図までを渡してくれた幹事の太郎氏には感服ですが、皆に代わって一言。



『鎌倉駅前を散策するのに、ツーリングマップの縮尺地図のコピーじゃツライっす(;´Д`)』



もうチョイ、鎌倉駅近辺を拡大してるような地図だったら良かったなー。



そんな訳で、鎌倉駅周辺をブラブラ歩いた結果、太郎氏の判断で江ノ電に乗って鎌倉の大仏を見に行くことに。

鎌倉駅


江ノ電


『ツーリングなのに電車ー( ・ω・)?』

『電車なんて数十年ぶりに乗った!』

等、電車移動に疑問を感じつつも長谷で降りて歩いてみたら、人や車の渋滞を目の当たりにし、



『ナイス判断(・∀・)』



と太郎氏を褒め称えてた、ゲンキンな参加者。



鎌倉の大仏様を見る前に、まずは浄土宗の長谷寺

卍池


もはやデートな二人(^w^)

観音堂


十一面観音菩薩があったり、弁天窟があったりする鎌倉近辺の中では、一番すきなお寺。

写真撮影禁止だったので、公式HPから拝借



十一面観音菩薩


十一面観音菩薩2


こんな涼しげな竹林があったり、

竹林


こんな庭園があったりします。

庭園


前に来たときには気付かなかった、輪蔵(まわり堂)を発見。

輪蔵(まわり堂)


この蔵の様なものの中には一切経が納めてあるみたいで、これを時計周りに一回転させると、一切経を一通り読んだと同じ功徳があるらしい。

取っ手がついていたので、この巨大な輪蔵を時計回りに一回転させてきて功徳を積んで参りました。



輪堂の裏手には、紫陽花だらけな斜面。

紫陽花だらけ


見事に天気予報を裏切ってくれた、青空。

青空




長谷寺でも気付いたらジャンケンが始まってたりしつつ、こんどは鎌倉の大仏様。



相変わらずデカイ大仏様。

大仏様


大仏を持ち上げようとしてる3名

大仏様と3人


大仏様:『やれやれ(*´Д`)』

大仏様アップ


大仏を見終わる頃には、すっかり歩き疲れてる面々。



仕事帰りの様な2人(・∀・)

作業帰り?


江ノ電を使って、鶴岡八幡宮近くの駐車場へ戻ってから江ノ島へ向かってドコドコと走り出す。

車で混んでたりはしたけど、海岸線をバイクで走るのって気持ちいいよね(*・∀・*)ウホーイ

海岸線


暫く走ると、江ノ島到着。

江ノ島


人数が多かったので、何組かに分かれて御飯を食べたりしつつ江ノ島でまったり。

江ノ島界隈


夏だし、今度は海水浴へきたいなー(・ε・)ウム



こんな感じで密な一日は過ぎて、1号から横浜新道へ入り流れ解散。

都内組と、第三京浜→環八と走って無事帰宅(*´Д`)



濃すぎた一日だったので、だいぶ省略したけど、後は他参加者の日記にでも期待♪





参加された皆様お疲れ様でした。