チャンバー交換をしてから、ノーマルマフラーに戻してみたり、リアボックス交換等を施したりしたものの、フュージョンに活躍の場を奪われて暫く放置されてたジャイロX。

ジャイロX (2)


久々にエンジンをかけようとしたら、エンジンがかからない。








キャブのOHを済ませても、かからない。

ジャイロX (3)


フューエルポンプが一番疑わしいけど、ストックがないので先に腰上をバラしてみる事に。

プラグとカバーをサクっと外してみる。

ジャイロX (5)


カバー内は泥汚れ。

ジャイロX (4)


サイドのファンカバーも外してみる。

ジャイロX (6)


錆びサビ。

ジャイロX (7)


プラグホール周りもカーボンやら泥汚れ。

ジャイロX (8)


ヘッドの裏側は長年使った割にはきれい。

ジャイロX (9)


ピストンも経年劣化はあるものの、想像より良い状態。

ジャイロX (10)


外す時にプラグホールから落ちた葉っぱを発見(・∀・)

ジャイロX (11)


ピストンを外す際は、内部にピストンリングやらピンが落ちないようにこんな感じにガード。

ジャイロX (12)


クリップをラジオペンチ等ではさんで巧く外したら、ピストンピンを反対側から押し出して外してみる。

この時はピストンに良い状態でついていたピストンリング。

ジャイロX (13)


エンジン内部はかなり綺麗。

ジャイロX (14)


ジャイロX (15)


ジャイロX (16)


ピストンもこのまま再利用可能。

ジャイロX (17)


そして、ピストンリングの合わせ目を見落として組み込みを始めてしまい、ピストンリングを1個破壊(゚Д゚)グホッ

ジャイロX (18)


ピストンリングのストックはさすがにないので、ストックしてあったボアアップキットを組んでみる事に。

ジャイロX (19)


左がいままでつけてたやつ。右は社外のボアアップキット。

組み込み前にバリ取り。

ジャイロX (20)


社外のボアアップキットを組み込む際はバリ取りは必須。

たぶん。



・・・で、オイルを塗り塗りしつつ、アルミガスケット等を適当に組み込み。

ジャイロX


コンプレッションゲージがないので、組み込んでみるだけで終了。



続きはコンプレッションゲージ等を入手してからかな。